www.terridunham.com

更年期に心身の不調が表れたら専門医を受診して

更年期に心身の不調が表れたら専門医を受診して

もともと女性はホルモンバランスが大きく変わりやすい性質を持っています。月経の前後は特に大きなホルモンバランスの変化があるので、心身に大きな影響が出やすいのです。
しかし、女性もある程度の年齢になると閉経を迎えます。閉経前の数年間は更年期と呼ばれていて、これまでともまた違ったホルモン状態に置かれることになります。すると、この時期特有の様々な症状も表れてくるのです。
閉経前に心身にどうにもならない不調が表れた場合、更年期障害である可能性が非常に高いと言えます。更年期障害の代表的な症状というと、ほてりや動悸、めまい、情緒不安定などが挙げられます。特に精神的な症状には、生活におけるストレスが影響することも多いそうです。こちらはどうですか?更年期サプリメントを参考にしています

 

更年期障害の症状は、投薬などで和らげることも可能です。一般的に更年期と呼ばれる年齢になってから心身に不調が表れた場合は、婦人科などを受診して処置を受けると良いでしょう。更年期障害の症状はなかなか家族に理解されないことも多いので、専門医に相談するのが一番です。


ホーム RSS購読 サイトマップ